各部門

検査科

臨床検査科はドクターや患者さまから信頼される検査結果を提供するため、日常的に検査機器の保守点検を行い、「医師会精度管理調査」「九州臨床検査精度管理研究会」などに参加し検査データの正確性を高めるとともに、報告の迅速化をはかり患者さまに安全・安心な医療を提供できるよう頑張っています。
臨床検査技師4名のうち3名が超音波検査士の資格を有し、循環器科・消化器科・皮膚科・泌尿器科など、どの科にも対応できるよう勉強会や検査学会にも多く参加し、日々レベルアップを図っています。
SAS(睡眠時無呼吸症候群)の検査も行えるように体勢を整えています。検査に関するご心配・質問等がございましたら、お気軽にお尋ねください。

院内生理検査

心電図・肺機能検査・眼底カメラ・超音波(腹部・心臓・体表・甲状腺・前立腺・婦人科系)
トレッドミル・エルゴメーター・脈派伝播速度・足関節上腕血圧比・24時間ホルター心電図
24時間血圧計・CO測定・睡眠時無呼吸検査(SAS)

院内血液・生化学検査

アルブミン、総蛋白、尿素窒素、クレアチニン、尿酸、総ビリルビン、アミラーゼ、ALP、CHE、GOT、GPT、γ-GTP、LDH、CK、中性脂肪、コレステロール、グルコース、Ca、P、ヘモグロビンA1C、CBC(白血球・赤血球・血色素・血小板)、電解質(Na・K・CI)、血液ガス(PH・PO2・PCO2・BE)、凝固検査

その他

尿検査(定性・沈渣)、便潜血、溶連菌、インフルエンザ、ノロウィルス、肺炎球菌、レジオネラ
マイコプラズマ、アデノウイルス

放射線科

一般撮影装置や透視撮影装置、CT撮影装置を使用して様々な画像診断の検査をしています。例えば一般撮影では胸部・腹部などのレントゲン写真や骨密度の検査(骨粗鬆症の検査)を行います。
透視装置ではバリウムによる胃・大腸の造影検査や泌尿器科の尿の流れを写す造影検査や透視下で特殊な検査を行います。
CT検査では頭部や体幹部の内部が分かる断層写真を提供しています。例えば、TVドラマの病院の場面で見る輪切りの写真です。代表的な画像を紹介します。

「64列マルチスライスCT」という高性能な装置を使用し、精密(最少1.25mm)でわかりやすい画像を提供します。造影剤という薬を点滴して、心臓などの血管を画像にすることもできます。

手術室では視野が広い外科用イメージを使用して、ペースメーカーやポートなどの植込術に対応しています。 透析患者様のブラッドアクセスの管理として、シャント造影やシャントPTAまで実施しています。

また、手軽にCT検査を利用していただけるように近隣の医療機関と連携を行い、専門医による読影の結果を診療に役立てていただいています。

放射線科は、安全で患者さまの体に負担の少ない検査を目指しております。
放射線検査については、技師にお気軽にご質問・御相談ください。

薬剤科

薬剤科では患者さまに薬の効き方や使い方(用法・用量)について正しくご理解いただき、安心して薬物治療を受けていただくために、医薬品が適正にかつ安全に使用されるよう常に心掛け、次のような業務を行っています。

調剤業務

処方箋に従い入院患者さまと一部の外来患者さまのお薬を調剤しています。
薬の効果と安全性を確保するため、処方されたお薬の量や使用方法は適切であるか、飲み合わせ(相互作用)に問題はないか、他の受診科で二重にお薬が出ていないか等のチェックを行い、必要に応じ処方した医師に確認を行います。
入院患者さまの薬は1回分ずつまとめる一包化を行い、患者さまが服用しやすくしています。
経管栄養の患者さまには簡易懸濁法に適した剤形を考慮して調剤を行っています。

病棟業務(薬剤管理指導業務)

薬剤師が病棟に常駐し、医師・看護師と連携し、チーム医療の一員として薬剤師の立場から薬物治療へのバックアップを行っています。
薬剤指導では薬剤師が入院患者さまのベッドサイドで安心してお薬を服用していただくために薬の効果や服用方法・注意点などの説明を行っています。
また、効果の判定・副作用のチェックなども行い、医師や看護師へ情報を提供し、最良の治療効果が得られるように努めています。

医薬品情報管理業務

医薬品の適正使用を推進するため、お薬の注意事項や副作用などの医薬品情報を収集・管理し、情報が必要な時に取り出せるように整理・評価し、各医療スタッフへ提供しています。院内医薬品情報“ドラッグインフォメーション”を月1回発行しています。

患者さまへお願い

  • お薬と一緒に「説明書」が添付されているものは必ずお読みください。
  • お薬の「飲み方」や「使い方」を必ず確かめてください。
  • お薬は、患者さまの症状を診た上で医師が処方していますので、「指示通り」にお飲みください。
  • お薬は、患者さまの判断で量や回数を加減しないでください。
  • 他の病院でお薬を処方されたり、薬局(市販)でお薬を購入された時は、「お薬の説明書」や「お薬手帳」を医師または薬剤師に必ずお見せください。
  • お薬は、コップ1杯の水か、ぬるま湯と一緒にお飲みください。
  • お薬は、直射日光や、高温・湿気を避けて保管してください。
  • お薬は、小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
  • お薬は、目的の効き目以外に「望ましくない作用」があらわれることがあります。「何かいつもと違う」と感じたら、早めに医師または薬剤師にお知らせください。

お薬のことでわからないこと、お困りのことがございましたら、いつでもお気軽に薬剤師にご相談ください。

リハビリテーション科

リハビリテーション科では、早期回復・在宅復帰を目標として、患者さまが自立した元通りの生活もしくは元通りに近い生活を送るための治療・支援を行っています。
具体的には、それぞれの症状や生活の場に合わせて、起き上がり練習、歩行練習、車椅子への移乗方法、食事、歯磨き、着替え、入浴、家事(調理、洗濯)、買い物、発声、咀嚼や嚥下などの練習を行います。
また、実際にご自宅へ伺い、居住空間の環境調整や家族指導、各種サービス事業所との連携など個々の患者さまに応じた退院前訪問指導も積極的に行っています。
入院患者さまにおいては365日リハビリによる切れ目のない「より集中的なリハビリテーション」の提供を目指しています。

施設基準

心大血管リハ(I)、脳血管等リハ(I)、廃用症候群リハ(I)、 運動器リハ(I)、呼吸器リハ(I)

当院では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が在籍しております。
心臓リハビリテーション指導士・呼吸療法認定士・地域糖尿病療養指導士といった資格を有したスタッフが専門知識をもとに日々治療を行っています。

受診案内

リハビリテーション科におけるリハビリテーションは、医師の処方に基づき実施されます。必ず医師の診察が必要です。リハビリテーションに関するご質問・ご相談等がございましたら、お気軽にお尋ねください。

栄養科

患者さまの症状にあわせ、食事をおいしく安全に召し上がっていただけるようスタッフ全員、力をあわせて日々努力しております。
外来や在宅の栄養相談も随時受け付けております。
外来にて看護師またはスタッフにご相談ください。

地域医療連携部門

地域医療連携相談室では、病気やけがに伴っておこる様々な問題について、一緒に考え解決するお手伝いをいたします。
例えば、医療費のこと、退院後の生活のこと、介護保険制度や福祉施設の利用のこと、医療保険や年金のこと、入院生活のなかで心配事を抱えているなど。患者さまご本人、ご家族、地域の方など、どなたでも利用いただけます。
また、受診・入院の相談や情報提供の依頼、受診結果の報告等にも対応しております。お尋ね・ご相談がありましたら、1F受付でお呼出しいただくか、下記までご連絡ください。

TEL:092-572-0343
FAX:092-572-0372(直通)

医事課

私たち医事課は、外来9名、入院2名で担当しています。
地域医療を支える病院の窓口として、皆様が安心してお越しい頂けるような病院づくりを目指しております。複雑化する医療制度を皆様にわかりやすくご説明できるよう日々努めておりますので、ご不明な点・ご相談等ございましたら、お気軽に窓口へお越しください。

関連施設

樋口病院では、地域の皆様のお役に立てるよう「子育て」から「介護」まで、安心いただけるサービスを整えております。

  • 訪問看護ステーション あおいそら
  • 通所リハビリテーション デイケア なでしこ
  • 居宅介護支援事務所 春成会 ケアプランサービス
  • 院内保育所 ばるーん
  • 訪問リハビリテーション