CO2レーザー治療

CO2レーザー治療

CO2レーザー治療

方法

局所麻酔を塗り、一時間ほど待ちます。腫瘍が大きい場合は局所麻酔の注射も行う場合があります。その後、CO2レーザーで焼灼します。炎症止めの外用剤を塗り終了します。

注意事項、副作用

  • 基本的には自由診療(保険対象外)となります。
  • 局所麻酔によるアレルギー
  • 治療後、かさぶたができ黒くなります。1〜2週間ほどでとれてきますが、こすらないようにしてください。無理にはがすと傷が残る可能性があります。
  • 取り残しが出る可能性があります。残った場合は再度治療を行います。
  • 治療後、色素沈着がでる可能性があります。