専門外来

禁煙外来

タバコの害・ニコチン依存症について

タバコの煙に発がん性物質が多く含まれ、肺がんや喉頭がんなど多くのがんの発生と関連が深いことが知られており、寿命にも影響があると言われています。また家族の受動喫煙により、タバコを吸わない人の健康も損なわれます。
タバコをやめることによって、がんの発生率が低下する、呼吸が楽になる、食事をおいしく感じるようになる、経済的に余裕が出てくるなどのメリットが得られます。
タバコの煙に含まれるニコチンは麻薬にも劣らない依存性をもつ薬物であり、やめるのが非常に困難です。
ニコチン依存症という病気であり、意志の力だけでは治すことができません。

禁煙外来

医師とともに禁煙すれば、個人に合ったアドバイスを受けられるほか、禁煙の治療薬を処方してもらえるので禁煙の成功率が高まります。
(下記の「禁煙治療を受けるための要件」を満たしていれば、健康保険の適応となります。)

禁煙治療を受けるための要件

治療の流れ

健康保険等を使った禁煙治療では、12週間で5回の診察を受けます。
毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したり、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受けることができます。

禁煙補助薬

  • ニコチン製剤:経皮吸収禁煙補助薬(ニコチンパッチ)
    タバコの代わりにニコチンを補充します。禁煙率が1.7倍に高まります。
  • α4β2ニコチン受容体部分作動薬:バレニクリン(チャンピックス)
    ニコチンを含まず、脳内のニコチン受容体に結合することで禁煙効果を発揮します。
    禁煙率が2.3倍高まります。

睡眠時無呼吸症候群外来

睡眠時無呼吸症候群について

最近、ご家族の方から「いびきがひどい」「呼吸が止まっていた」などと言われたり、「昼間も眠い」と感じることはございませんか?
睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome, SAS)とは、睡眠中に呼吸が止まることを繰り返し、昼間の眠気や倦怠感など日常生活にさまざまな障害を引き起こす疾患です。
閉塞型のSASでは、仰向けで寝た時に筋肉の緊張が緩むことで舌や軟口蓋によって気道が閉塞してしまい、窒息状態になることにより発生します。
睡眠中に1時間に5回以上の無呼吸や低呼吸がある場合はSASと診断されます。
SASは冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳血管障害(脳梗塞や脳出血)を合併する頻度が高く、特に重症SASでは心筋梗塞・脳梗塞の発生が3倍程度高まることが知られています。

主な症状

  • ・呼吸が止まる
  • ・昼間いつも眠い
  • ・集中力がない
  • ・起床時に頭痛・倦怠感あり
  • ・起床時に喉が乾燥している
  • ・朝目覚めがすっきりしない
  • ・夜間よくトイレに行く
  • ・寝汗をかく
  • ・肥満の傾向がある
  • ・高血圧がある

診察・検査

  • 問診
    症状の有無を確認します。8つの質問に答えていただき、眠気の程度を評価します。SASに合併する疾患の有無をチェックします。
  • 簡易検査
    問診でSASの疑いがある方には、簡易検査の機械を持って帰っていただき、自宅で睡眠中の無呼吸の状態を調べます。
  • ポリソムノグラフィー
    簡易検査でSASと診断された方は、脳波や筋電図などを含む精密検査を行います。病院に1泊寝ていただきます。

治療

  • CPAP(Continuous Positive Airway Pressure, シーパップ)
    ポリソムノグラフィーにて治療の適応と診断された患者さまには、当院ではCPAP療法を行っています。CPAP装置からホース、マスクを介して気道に空気を送り込み、気道を広げることで無呼吸を予防します。
  • 口腔内装置(Oral Appliance; OA)
    寝る時に使用するマウスピースで、下あごを前方に固定することで、気道を広げます。
    当院では徳洲会病院歯科口腔外科と連携して作成しております。

関連施設

樋口病院では、地域の皆様のお役に立てるよう「子育て」から「介護」まで、安心いただけるサービスを整えております。

  • 訪問看護ステーション あおいそら
  • 通所リハビリテーション デイケア なでしこ
  • 居宅介護支援事務所 春成会 ケアプランサービス
  • 院内保育所 ばるーん
  • 訪問リハビリテーション