CO2レーザー治療

VTRAC(ヴィトラック)とは?

ヴィトラックは、白斑や乾癬などを治療するターゲット型UVB照射器です。
病変部にだけピンポイントで治療できる上、他の光線療法(PUVA、ブロードバンドUVB、ナローバンドUVB)や内服薬、外用剤とも併用できるのが特徴です。
治療効果を感じられるまでの時間が短い、かゆみがおさまるのが早い(乾癬の場合)、副作用のリスクが少ないなど、期待の最新紫外線治療です。

ターゲット型

病変部にのみUVBを照射するターゲット型です。 UVBを広範囲に照射すると、正常部位への色素沈着や発がん性のリスクの心配がありました。ヴィトラックの場合、UVBが照射されるスポットサイズは6.1cm X 3.1cmと小さく、正常部位へのUV曝露が少ないのが特徴です。

高輝度

光を照らすと、光の先はだんだんと弱くなります。弱い光をいくら照らしても遠くまで届きませんが、強い光なら一瞬であっても遠くまで照らすことができます。 ナローバンドUVBの約180倍の強さの光なので、ワンショットごとに深くまで光がしっかり届きます。

ヴィトラックの適応

ヴィトラック Q&A

痛みはありますか?
まれに、ちりちりとした感覚がありますが、痛みはほとんどありません。お子様や年配の方でも安心して受けていただくことができます。
どんな治療?
ヴィトラックで治療する部位を決め、正常部位を保護しながらハンドピースをあて、光をワンショットずつ照射していきます。従来の全身型治療と違い、疾患部をピンポイントで照射するため、短時間で治療できます。(疾患の面積により時間は異なります)
どのくらいのペースで治療を受ければいいですか?
症状によって治療回数は異なりますが、週2~3回のペースで継続すると良いでしょう。数回の治療でかゆみがおさまる、色素が出てくるなど、実感される方もいらっしゃいます。
今、他のUVB治療も受けています。
他のUVB治療も含め、内服薬や外用剤とも併用できます。詳しくは、医師にご相談下さい。
ヴィトラックはどんな人に向いた治療?
ターゲット型治療器のヴィトラックは、下記のような方におすすめです。
・ 全身型治療器では光が当たりにくい部位、または影になる部位に疾患のある方
・ 従来の治療効果がそれほどあらわれていない方
・ 疾患の面積が小さい方